未来志向の賃貸経営|所有しているマンションを貸したいなら不動産会社に頼ろう
住宅模型

所有しているマンションを貸したいなら不動産会社に頼ろう

未来志向の賃貸経営

集合住宅

これまでの賃貸経営の主流は木造アパートでしたが、最近著しく人気が高まっているのは、所有地を効率的に活用できるマンション経営です。木造アパートは建築後30年程度で建て替える必要がありますが、鉄筋コンクリートのマンションであれば、建物の寿命は50年以上です。マンション経営者がこまめに外壁塗装や大規模修繕を業者に発注することで、更に建物の耐用年数を延ばすことも可能です。鉄筋コンクリートであれば建物の設計の柔軟性が高まるので、シングル向けからファミリー向けの物件まで、デザインや間取りも自由に決められるでしょう。スタイリッシュなデザインの建物を建築するのが、最近のマンション経営で顕著に見られるトレンドです。

信頼と実績のある不動産会社や建設会社が多様なプランを提案してくれることが、マンション経営の注目度が高まっている理由です。30年後を視野に入れながら、地域の賃貸需要も総合的に考えて建物を新築できる点も、マンション経営のセールスポイントです。建築技術も大きく進歩しているので、小規模なマンションであっても、耐震性の高いプランや免震構造も選べるでしょう。50坪程度のコンパクトな都市部の敷地向けのプランもあるのが、ハウスメーカーの賃貸マンションの特色です。サポート体制も充実しているので賃貸経営のビギナーでも安心であり、継続的に安定した賃料収入が得られるでしょう。5階建てのプランであれば高層マンションよりも工期は短めであり、低層マンションよりも2割以上広い面積を確保することも容易です。